おおいた暮らし取材記

おおいた暮らし取材/豊後高田市編2

投稿日:

センパイ移住者vol.2土居さん(大阪府→豊後高田市)

豊後高田市の人気観光地でもある昭和の町にて、「からあげ壱気」を営む土居さん夫婦。
「家族の時間を大切にしたい」との想いから豊後高田市に移住を決め、今ではお子さんや両親含め10人で生活しているそうです。

そんな土居さん夫婦にインタビューをしてきました!

「家族の時間を大切にしたい」と移住を決めてから5年、生活に変化はありましたか?

「移住をする前は主人が超人気の焼肉店の店長をしていて、本当に仕事が忙しく、家族の時間をつくることがめったに出来なかったんです。それがきっかけで、家族の時間を一からつくろうと移住をしましたが、今では本当に良かったと思っています。しっかりと家族の時間を作れるようになったのはもちろん、夕陽や星も綺麗だし、食べ物も美味しいし、"幸せだなあ"と思う瞬間が増えました。

夫婦でお店をしていることもあって、地元の方との交流も増えました。この街にはファストフード店などがないので、子どもたちがたまり場のように寄ってくれるんです。この前は、高校生の男の子が好きな子に告白する前に相談しに来てくれたりして(笑)そういった子どもたちの成長を見守れたり、地域で子どもを育てるという感覚も、ここならではだと思います」

確かに「地域で子どもを育てる」という感覚は、地方ならではのものだったりしますよね。
移住を考えている方に向けて何かアドバイスはありますか?

「移住はワクワクすることでもありますが、やっぱり新しい土地でやっていくという覚悟も必要です。つらいことも経験するという思いも持っていないと、ギャップを感じるかもしれません。でもそれは移住に限った話ではないですし、それ以上にいい出会いや暮らしが待っています!些細なことを幸せに感じられたり、時間の過ごし方がいい意味で変わりました。早く家に帰りたい!と思えるようになったのが、本当に幸せだなあと思います」

移住をするきっかけは人それぞれですが、土居さん夫婦のように「時間を大切に過ごしたい」という方も少なくないのでは。それができるのも、このような自然豊かで人も暖かい豊後高田市市ならでは。幸せな気持ちがたくさん詰まったからあげは、本当に美味しかったです!土居さん夫婦営む「からあげ壱気」さんで、ぜひ美味しいからあげを食べながら、移住のお話を聞いてみては?

-おおいた暮らし取材記

Copyright© おおいた暮らし塾 , 2018 AllRights Reserved.