名古屋市 債務整理 弁護士 司法書士

名古屋市在住の方が借金返済の相談をするならこちら!

借金が返せない

名古屋市で債務・借金などお金の悩み相談をする場合、どこがいいのか迷っていたりしませんか?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士・司法書士がいる法律事務所や法務事務所にしたいですよね。
このサイトでは、ネットで無料相談出来る、オススメの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
名古屋市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料でできるので安心できます。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、と思っている人にもおすすめです。
借金返済・多重債務で困っているなら、まず弁護士・司法書士に相談して、解決への道を探しましょう!

債務整理・借金の相談を名古屋市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

名古屋市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、コチラの事務所がおすすめ。
弁護士が対応してくれる、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いも可能。
相談料はもちろん無料!
借金の督促をSTOPするのもできます。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、借金について無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理においても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決できます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心して相談できます。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

名古屋市に住んでいる方が債務整理や借金の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金の診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国に対応のサービスなので、名古屋市在住の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



名古屋市近くにある他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

名古屋市には他にもいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてください。


●守山法律事務所
愛知県名古屋市守山区中新10-8シャンボール小幡2F
052-792-8133
http://moriyama-houritsu.com

●名古屋第一法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル5F
052-211-2236
http://daiichi-law.gr.jp

●アプローチ(司法書士法人)
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-13名古屋センタービル8F
0120-512-432
http://approach.gr.jp

●しょうぶ法律事務所
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2名古屋丸紅ビル12F
052-223-5555
http://shobu-law.com

●司法書士法人ファミリア/丸の内事務所
愛知県名古屋市中区錦一丁目3番18号エターナル北山ビル7F
052-228-7533
http://saimuseiri.bz

●山崎夕希子司法書士事務所
愛知県名古屋市瑞穂区東栄町3丁目25-3斉藤ビル6F
052-852-1147
http://yukiko-shihou.jp

●弁護士法人あおば法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目9-16丸の内YSビル4F
052-972-0091
http://aoba-law.jp

●関司法書士事務所
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目9-7
052-265-6153
http://sekijimusyo.jp

●弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目4-30
052-961-3911
http://nagoyasogo.jp

●すずたか総合法律事務所(弁護士法人)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-40ロイヤルセッションズ
052-955-0095
http://suzutaka-law.com

●愛知県弁護士会
愛知県名古屋市NakaWard,Sannomaru,1丁目4-2愛知県弁護士会館1F
052-203-1651
http://aiben.jp

●名古屋の弁護士片岡法律事務所
愛知県名古屋市丸の内2丁目19番25号
052-231-1706
http://kataokaoffice.jp

●辻司法書士事務所
愛知県名古屋市北区清水1丁目22-4
052-953-0006
http://tsuji-shihou.com

●名古屋シティ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目19-5フレッジオLA7F
052-253-5200
http://nclo.jp

●成田龍一法律事務所
愛知県名古屋市中区錦3丁目14-14高坂ビル6F
052-973-0531
http://narita-law.jp

●丸の内総合法務事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-16
052-211-2471
http://marunouchi-legal.com

●菰田裕子司法書士事務所
愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目4-1
052-797-7702
http://k-siho.com

名古屋市にある地元の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金問題に名古屋市で参っている状態

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払いなどは、かなり高利な利子がつきます。
15%〜20%も金利を払うことになります。
住宅ローンだと年間0.6%〜4%ぐらい、マイカーローンの場合も1.2%〜5%(年間)くらいですので、その差は火を見るより明らかです。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定するキャッシング業者だと、金利が0.29などの高い金利をとっていることもあるのです。
ものすごく高額な金利を払い、そして借金は膨らむ一方。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて高利な利子という状況では、完済は難しいでしょう。
どのようにして返済すべきか、もはや当てもないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してみてはいかがでしょう。
弁護士や司法書士ならば、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるでしょう。
長期計画での返済になるかもしれませんし、過払い金の返還で返済金額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

名古屋市/借金の減額請求って?|債務整理

多重債務等で、借り入れの返金が大変な状態に至ったときに有効な方法の1つが、任意整理です。
現在の借入の状況を再度チェックして、過去に金利の払いすぎなどがあるなら、それらを請求する、又は今現在の借金とプラスマイナスゼロにし、さらに今の借入れにつきましてこれから先の利息を減らしていただける様お願いしていくと言う進め方です。
只、借りていた元本につきましては、必ず返済をするという事が基礎となり、金利が減額になった分、以前より短い時間での支払いが条件となってきます。
只、利子を払わなくて良いかわり、毎月の払戻し額は減るのだから、負担は軽減するのが通常です。
ただ、借入れをしている消費者金融などの金融業者がこのこれから先の金利についての減額請求に対処してくれない場合は、任意整理は出来ません。
弁護士さんにお願いすれば、間違いなく減額請求ができるだろうと思う人も多数いるかもしれませんが、対応は業者によっていろいろであって、応じない業者と言うのも在るのです。
只、減額請求に応じない業者はものすごく少数です。
ですので、実際に任意整理を行って、消費者金融などの金融業者に減額請求を実施すると言うことで、借金の苦悩がかなり軽くなると言う方は少なくないでしょう。
現実に任意整理ができるだろうか、どのくらい、借入れの払戻が縮減されるか等は、先ず弁護士の先生に依頼することがお奨めなのです。

名古屋市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/債務整理

はっきり言えば世の中で言われている程自己破産のリスクは少ないです。高価な車、マイホーム、土地等高価値のものは処分されるが、生きるうえで要るものは処分されないのです。
また20万円以下の貯金も持っていてよいのです。それと当面の数カ月分の生活費が一〇〇万未満なら取り上げられる事は無いのです。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれも僅かな人しか見てないでしょう。
またいわゆるブラックリストに記載されてしまい七年間程の間はキャッシングやローンが使用出来ない現状になるが、これは仕方が無いことです。
あと決められた職につけないということがあるでしょう。しかしこれもごく少数の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返金することが不可能な借金を抱えているのなら自己破産をするというのも一つの手法なのです。自己破産を実行すればこれまでの借金がすべてチャラになり、心機一転人生を始めるということでよい点の方が大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や司法書士や税理士や弁護士などの資格は無くなるのです。私法上の資格制限として後見人・保証人・遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないのです。けれどこれらのリスクはおよそ関係無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものでは無い筈です。

関連ページの紹介